アジアのごはん

香港では飲茶を楽しみ、中国四川省で麻婆豆腐と坦坦麺。 インドネシアではナシチャンプルーを素手で食べ、シンガポールではチリクラブ…。

ついに帰ってきたアジアには、なつかしい味が待ち受けていた。

ごはんごはんごはん最終章、我が愛しのアジア編ついにスタート。

中国のごはん

ルート

香港→広州→重慶→成都→九寨溝→臥龍→深セン

キャセイ・パシフィック航空機内/Paris to Hong Kong
2007-10-10
image
ワイン
機内サービスに白ワイン。おつまみにはピーナッツ。おいしかったヨーロッパを思い出し、大事にいただく。きちんと冷えているのがうれしい。
image
機内食
揚げた鳥フィレ肉を甘く煮たオニオンソースで絡めている。付け合せの野菜は、インゲンにシイタケ、ニンジンを優しく煮てある。デザートにはチョコレートケーキもついている。
image
機内食
ビーフシチューに、マッシュポテト。ニンジンとインゲンはバター味。サラダには小さなエビが入っているシーフードサラダ。固いパンがフランスを思い出させる。
@パリ発香港行き
キャセイ・パシフィック航空機内/Paris to Hong Kong
2007-10-11
image
機内食
おかゆにはエビとシイタケが入り、ほどよい塩味がついている。フルーツゼリーにはオレンジとパイナップル、グレープフルーツにブドウ。デザートはイチゴヨーグルトだ。
image
機内食
きれいに焼かれたオムレツとその下にはポテトが隠れている。横にはソーセージ、とろけたチーズがのせられたトマト。そしてバターでソテーされたマッシュルーム。
@パリ発香港行き
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-11
image
吉野家の牛丼
もちろん大盛りで注文。少し薄味風味だがほとんど日本と同じ味。これだよこれ!
@吉野家 27HK$ (405円)
39 Ngai Tsin Wai Road,Kowloon City/Hong Kong,China
2007-10-11
image
ロブスターのバターチーズソースがけ
プリプリのエビに、濃厚なチーズソースがとろりとかけられる。エビを食べた後のチーズソースは、麺と一緒に食べる。高いだけのことはある。うまい。
@龍城酒家不夜城 268HK$ (4020円)
100 Canton Road,Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-12
image
柴魚花生咸痩肉粥
乾し魚、ピーナッツ、塩味豚肉入り粥。あー中国語で書くの大変。
32HK$ (480円)
image
湘蓮子紅豆沙(蓮の実入り小豆汁粉)
少し甘味の少ないお汁粉は、葛湯のようなとろみがあって体が温まる。
20HK$ (300円)
image
紅油菜肉雲呑
紅油という少し辛味のある油に、ニラと挽肉が包まれたワンタン。ふんだんにのせられたネギとレタスを一緒に食べる。安心して食べられる。
32HK$ (480円)
image
我が家伝来炒飯
糖朝は建物が移って店構えが変わり、メニューにも日本語が記述されるようになった。そしてこのチャーハンについていた名前は「我が家伝来炒飯」。チャーシューや魚、キュウリなどが入ったチャーハンだ。
50HK$ (750円)
@糖朝
Sheung Wan/Hong Kong,China
2007-10-12
image
マンゴープリン
古い街並みが残る香港島でマンゴープリン。小さなホイップクリームを土台にちょこっとイチゴがのせられている。こってり甘いマンゴープリンに、イチゴはさっぱりした味でうれしい。
@街角 8HK$ (120円)
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-12
image
ライムゼリーとマンゴーアイス入りココナツミルク
香港で人気のチェーン店。ちょっと高いかな…。この値段ならお店でスイーツを食べたい。
@許留山 20HK$ (300円)
image
串揚げ
北京ロードとネイサンロードの間にある揚げ物屋台。なかなか活気があるし、「コレ」と指差して気軽に買えるのが良いところ。その場ですぐに揚げてくれる。
@ドラゴンテイスティフード 7~10HK$ (105~150円)
image
大根餅と餃子
今回は大根餅と餃子を注文。なつかしい味がする。
@ドラゴンテイスティフード 10HK$ (150円)
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-13
image
プリングルズ
プリングルズの特別味を発見。THAI SHEET CHILLE & LEMONGRASS FLAVOUR と TIGER PRAWN & CRUSHED GARLIC FLAVOURだ。名前が長い!
@セブンイレブン
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-13
image
温かい豆腐花
豆腐花と書いてトーファーと読む。牛乳を固めたような味と食感で、ソースを引き立てる味だ。この豆腐花はほのかな甘さがおいしい。
17HK$ (255円)
image
胡桃汁粉豆腐花入り
胡桃のお汁粉はきな粉のような甘さが、もっとなめらかになったような味。これもおいしい。
19HK$ (285円)
image
青菜とオイスターソース
茹で上げられた青菜は柔らかく、オイスターソースのこってりした味とよく合う。この味を求めていた。
@糖朝
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-13
image
辛風味のつぶ貝
コリコリとした食感とほど良い辛さ。ビールが飲みたくなる。
20HK$ (300円)
image
ソフトシェルクラブ
レモンを絞って食べる。これもビールのおつまみにしたい。
20HK$ (300円)
image
味千ラーメン
待ってました久しぶりのラーメン。とんこつの風味はあるが思ったよりもうす味。チャーシューも淡白。紅しょうがもない。それでもなつかしい。
30HK$ (450円)
image
うなぎラーメン
こちらのラーメンはモヤシのみ入った更にうす味ラーメン。こってりしたうなぎとのコンビネーションに全てを委ねている。もっとがんばって欲しい。
48HK$ (720円)
@味千拉麺
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-14
image
フルーツ腸粉
寒天のような腸粉にマンゴー、そして酸味のあるレモンソースとイチゴソース。普通の腸粉とはひと味違う。
image
炸醤麺
甘辛ソースで絡めた細切り豚肉を、細くちぢれた麺に絡めて食べる。中国茶を飲みながら食べるとなかなかいける。
image
おまけのお米団子
ゴマと砂糖がかけられたお米の団子は、表面を覆っているうすいたれがなめらかで、ほどよい甘さが引き立つ。お店からのおまけなのでタダだったのもうれしい。
0HK$ (0円)
@糖朝 
35 Haiphong Street,Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-14
image
乾肉
肉の表面に塗られた甘いたれが特徴。辛いタイプの乾肉もあり、どちらもおいしい。お持ち帰り用は、きちんと密閉した袋に入れてくれる。
@美珍香
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-14
image
イタリア風ディープフライマンゴーロール
マンゴーが包まれた春巻き状のクレープに、卵黄とクリームで出来た暖かくて甘いソースが良く合う。
38HK$ (570円)
image
ダブルチョコレートスフレ
チョコレートのスフレと、ヘイゼルナッツが入ったホワイトチョコレートアイス。甘いデザートの暖かさと冷たさが織り成す対比が面白い。
38HK$ (570円)
2 Hau Fook Street,Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-14
image
炸醤麺
甘辛ソースの豚挽肉に、青菜が入っている。別カップに入れられたスープを入れてもよし、別に飲みながら食べてもよし。
18HK$ (270円)
image
鮮蝦雲呑麺
大きなエビ団子が四つ入った雲呑麺。優しい味のスープにちぢれた細い麺が良く合う。香港に来たらやっぱり雲呑麺!
18HK$ (270円)
@洪利粥店茶餐廳
尖沙咀厚福街2号
Tel.: 2721-6606
広州駅前/Guangzhou,Sichuan,China
2007-10-15
image
チキンフィレサンド
列車を待つ間、駅前にあるケンタッキーへ行く。マクドナルドと同じゴマのついたパンズが使われていて面白い。チキンも大きい。
image
マンゴーエッグタルト
ついでにマンゴーエッグタルトも注文。さいの目にカットされたマンゴーがちょこんとのっている。カーネルサンダースは意外と目が鋭い。
@ケンタッキー
中国鉄道/Guangzhou to Chougqingbei
2007-10-16
image
お粥定食
列車の中には食堂車があり、車内で食事ができる。豚肉とザーサイをピーナッツと唐辛子で炒めたもの。そして、大根の漬物と饅頭がおかずについたお粥。見た目とは裏腹に案外おいしい。
image
素性のよく知れない肉とコリアンダーが入った麺。こちらも意外といける。車内で暖かいごはんが食べられるのはとってもうれしい。
@食堂車
重慶市街/Chougqing,Sichuan,China
2007-10-16
image
火鍋の具材
重慶で列車の待ち時間、有名な重慶の火鍋を食べに行く為タクシーを飛ばす。登場した具材はコリアンダーが添えられた見るからにおいしそうな赤身の牛肉。そしてジャガイモとうどんのような麺だ。
image
火鍋
まずは鍋が煮え立つまで待つ。辛くて真っ赤な麻辣湯と白湯が仕切りで区切られた鍋を見つめてじっと我慢。
image
スープ
突然お店のスタッフが鍋をかき混ぜ始めた。何をする。私の許可なしに私の鍋を侮辱することは許さんぞ。そう思ったのもつかの間、鍋に入っている鶏肉をスープと共に取り分けてくれた。疑ってすみません。
image
追加でお願いします
肉をしゃぶしゃぶのように鍋にくぐらせ、にんにくのたっぷり入ったタレにつけて食べる。辛くてしびれるうまさだ。あっという間に鍋は終盤、麺の出番が来た。とここで思わず牛肉の追加をお願いした。
image
スイカ
食べた…。うまかった…。これで重慶に思い残すことは何もない。デザートのスイカをいただき、タクシーで重慶北駅に急ぐ。四川省の成都にレッツゴー。
成都市街/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-17
image
スープ
淡い甘さのある大根のような食感の野菜が入ったスープ。こういう飾らないおいしさが中国料理の良いところだと思う。
image
あさりの炒め物
とろみのついた甘辛いソースであさりやピーマン、オニオンが炒められている。辛さと深みのある料理。テーブルに出された時は、まだジュージュー音を立てている。
image
チャーハン
ハムにチャーシュー、コーンにネギ、そして卵で作られたチャーハン。うすい味があさりの炒め物と合う。
成都市西玉龍街197/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-17
image
陳麻婆豆腐の麻婆豆腐
麻婆豆腐発祥の店、陳麻婆豆腐についにやってきた。早速注文した麻婆豆腐は、木綿豆腐のように腰のある豆腐に、紅油がふんだんに使われている。とろみは少なく花椒のしびれる辛さが強い。下に溜まった花椒と唐辛子の層を食べると涙が出るほど辛い。というか痛い。念願の本場麻婆豆腐が食べられて感無量である。
6RMB (90円)
image
回鍋肉
うってかわって優しい味。麻婆豆腐と一緒に食べるとそのおいしさが引き立つ。ピーマンはあまり入らずに、ほとんど豚肉とネギで構成された料理。
14RMB (210円)
@陳麻婆豆腐
成都市街/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-17
image
ソフトクリーム
バニラの白に、緑の線が入ったソフトクリーム。味はやっぱりバニラ味。
@マクドナルド 5RMB (75円)
宿にて/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-18
image
酸菜肉絲麺
酸菜と豚肉の細切りが入った麺。酸菜という酸味のある白菜は、柔らかくておいしい。
@Soma Hostel 6RMB (90円)
成都市街/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-18
image
青島碑酒
今度は四川でもう一度火鍋を食べることにした。その前にまずは有名なチンタオビールをひとくち。むむ…うすくてぬるい。
image
火鍋の感動を再び
前回の教訓をもとに、今回は二種類の牛肉と豚ロース、そしてジャガイモに白菜に豆腐という万全の布陣で望む。牛肉が一気になくならないように、頃合を見計らって豚ロースを投入し、肉不足を食欲からも資金面からもバックアップするのだ。
image
火鍋をじっと見守る
鍋はまだ煮立たない。この時、鍋を囲む者は祈るような気持ちで鍋を見守る。
image
揚げ餅
鍋が煮立つと同時に火鍋を食べる。鉄壁の布陣はあっという間に崩される。そして何もなくなった…。仕方ない。揚げ餅を頼もう。
@蓉城老媽
宿にて/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-19
image
回鍋肉
赤と青のピーマン、そして豚肉で作られた回鍋肉。シンプルな料理だがやっぱりおいしい。
image
水餃
作りたての水餃からは、湯気が立ちこめる。底に入った少し辛めのたれにつけて食べる。皮は厚いがやわらかくておいしい。
@Soma Hostel
成都市街/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-19
image
坦坦麺
成都にいくつかある陳麻婆豆腐のお店で、2号店の青羊宮店に行ってみるとお店がない。仕方なく街を歩いて帰ると、ふと陳麻婆豆腐の看板が見える。早速入って、まずは坦坦麺を注文した。上にのった粉のようなものが、のどにつく感じがする。本場の坦坦麺とはこんなものなのか?
image
回鍋肉
ニラとネギ、そして豚肉で作られている。辛さはほとんどなく甘い回鍋肉だ。
image
麻婆豆腐
日本の麻婆豆腐を少し辛くしたような麻婆豆腐。ここは本当に陳麻婆豆腐なのかな?大きな疑問を抱えて宿に帰り、インターネットで調べてみると、2号店は2005年6月に火事で全焼し、もう存在しないとのことだった。
@陳麻婆豆腐
宿にて/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-20
image
雪花碑酒
このビールもうす味。だが冷えていないのですっきりはしていない。中国では、ビールを冷やさないで飲むものなのかも知れない。
@Soma Hostel
バス休憩所/Jiuzhaigou,Sichuan,China
2007-10-20
image
麻婆豆腐
九寨溝に行く途中、休憩した場所での食事。とても大きなおひつから、セルフサービスでライスを茶碗によそり、カウンターにのせてある好きなおかずを取るという仕組み。麻婆豆腐を選んだ麻婆豆腐は、日本の麻婆豆腐と同じ味。ここもか。
九寨溝/Jiuzhaigou,Sichuan,China
2007-10-20
image
九寨溝の野菜
バターのような味のスープで煮た白菜のような野菜。メニューには九寨溝野菜とある。シンプルな味だけど、シャキシャキしておいしい。
28RMB (420円)
image
回鍋肉
ネギをふんだんにつかった回鍋肉。辛くないので食べやすくボリュームもあるので、うれしい。活気溢れる店内で一生懸命働く人々がとても印象的だ。
28RMB (420円)
@江湖味
九寨溝/Jiuzhaigou,Sichuan,China
2007-10-21
image
雑醤麺
紅油のスープにうどんのような麺、その上にネギと何かの肉がのる。寒い九寨溝では、暖かい麺がとてもおいしく感じられる。
@成都小吃
九寨溝/Jiuzhaigou,Sichuan,China
2007-10-21
image
ソワン君がくれたビスケット
広州から重慶までの列車で同室だったソワン君(3歳)が、友情の印にくれたビスケット。九寨溝での栄養補給に食べることにした。ありがとう。大事にいただくよ!
九寨溝/Jiuzhaigou,Sichuan,China
2007-10-22
image
雑醤麺
昨日と同じ雑醤麺、今日のは肉がのってない。すみません!えっと…あれ?何の肉?
@成都小吃
九寨溝/Jiuzhaigou,Sichuan,China
2007-10-22
image
麻婆豆腐
きちんと花椒の利いたピリッと麻婆豆腐。ライスと一緒に食べると幸せ。
18RMB (270円)
image
青椒肉絲
細切り豚肉とピーマンのシンプル料理、チンジャオロースーもきっちりおいしい。
28RMB (420円)
image
水餃
水餃だけは、スープがうすすぎて味がもう一歩。こういう時に醤油が欲しい。
10RMB (150円)
@江湖味
バス休憩所/Jiuzhaigou,Sichuan,China
2007-10-23
image
青椒肉絲
ほとんどピーマンのチンジャオロースー。ピーマンをしっかり食べたい人におすすめ。
宿にて/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-24
image
生姜茶
ジンジャーティーは、体が温まる。九寨溝から帰ってきてほっと一息。
image
酸菜肉絲麺
前回よりも今回は肉メインで作られている。甘く炒められた豚肉がおいしい。
6RMB (90円)
image
炒土豆絲
ジャガイモの細切りをシャキシャキに炒めたもの。シンプルな料理だが意外とおいしい。
@Soma Hostel
成都市街/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-24
image
坦坦面
出されたときは、あまりおいしくなさそうなのだが…。
3RMB (45円)
image
坦坦面を混ぜたところ
底には濃厚で甘辛いタレがある。このタレと麺を混ぜると、とってもおいしくなる。食べ終わったと同時におかわりを注文した。このおいしい坦坦面が食べられる成都坦坦面は、武候祠の目の前にある。
image
紅油水餃
水餃の上から、唐辛子の入った紅油がかけられている。ラー油よりもさらっとした味で、タレを多めにつけてもおいしい。
4RMB (60円)
image
牛肉多味面
坦坦面よりも大盛りで、牛肉と山菜、そして軽くちぎられたコリアンダーがのる。スープは紅油が赤く染まっているが、意外とスープ自体の味はうすい。
5RMB (75円)
image
小籠包子
肉は包まれてなく甘味もないのが特徴。しっとりとした少ししょっぱい蒸しパンのよう。周りの人を見ると、麺類と一緒に食べているようだ。
5RMB (75円)
@成都坦坦面
Jinri/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-24
image
お餅のようなお豆腐のような
武候祠の横には、錦里という昔の街並みを再現した通りがある。ここにはおみやげ物屋さんや甘味処屋台が並んでいる。さっそくひとつ。これはお餅のようなお豆腐のような…。
image
豆腐花
屋台なので作っているところも見ることができる。豆腐花はこんな大きな鍋で作られている。
image
飴細工
ルーレットを回して指した絵の飴細工を作ってくれる。早速挑戦、一番大きな龍が…当たれ!当たれ!当たれ!イチゴ!
@錦里
宿にて/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-24
image
酸菜肉絲麺
今日もいつものように酸菜肉絲麺を注文。10分後出来上がってきたものは…あれ?いつもと全然違う!作る人によって料理色々な味が楽しめる。
6RMB (90円)
image
水餃
水餃もいつもと違い、醤油ラーメンのスープに似た味で白菜が追加されている。懐かしい味。これはこれでうれしい。
@Soma Hostel
Wolong Reserve Area/Wolong,Sichuan,China
2007-10-25
image
葱花蛋餅
ネギ入りオムレツは、ネギの風味が良く出ている。焼きたてふんわり。
15RMB (225円)
image
回鍋肉
きちんと焼かれて照りの出ている豚肉がおいしい。ネギと豚肉のシンプル回鍋肉。
18RMB (270円)
image
キャベツ炒め
唐辛子で炒めたキャベツは、キャベツの甘味に辛さがプラスされて、ごはんによく合う。ほのかな塩味がおいしい。
8RMB (120円)
image
鉄板回鍋肉
レストランのシェフと話すチャンスがあり、オススメを教えていただき注文したのがコレ。柔らかく深みのある豚肉が、普通の回鍋肉とこれほど違うのかと思わせた。また食べたい一品。
20RMB (300円)
@熊猫餐庁(熊猫山荘内)
Panda Research Center/Wolong,Sichuan,China
2007-10-26
image
パンダのごはん…笹
今日は一日ボランティア、一輪車にパンダのごはんを乗せてよっこらしょ。ほーら新鮮な笹を召し上がれ。
image
パンダのごはん…パン
パンダは笹以外にパンも食べる。栄養バランスが考えられたパンは、パンダたちの大好物。毎朝焼きたてだよ。
@臥龍パンダ基地
Wolong Reserve Area/Wolong,Sichuan,China
2007-10-26
image
青椒土豆絲
シャキシャキジャガイモを前菜にいただく。なぜこんなにシャキシャキするのか不思議。
8RMB (120円)
image
麻婆豆腐
辛さ抑え目の麻婆豆腐は、ライスと一緒にいただく料理として安心できる。成都で何度も食べるうちに花椒のしびれるような辛さにも、大分慣れてきた。
12RMB (180円)
image
番茄煎蛋湯
トマトと卵のスープは、とってもうす味で、とってもたっぷりスープ。お茶を飲むような感覚で食事と一緒に飲むとおいしい。しかし、本当にたっぷりでびっくり。
12RMB (180円)
image
鉄板回鍋肉
前日に引き続きシェフのオススメを注文。おいしい料理を見つけたら何度も注文するのが得意技。やっぱりうまい!
20RMB (300円)
image
インゲンの四川風炒め
辛味のあるインゲン炒めは、香ばしくガーリックの利いた天かすのようなものが入っている。スナックのような味でおいしい。
15RMB (225円)
@熊猫餐庁(熊猫山荘内)
成都市街/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-27
image
チャーハン
漬物のような味がする赤い大根が入っている。添えつけの漬物がそのままチャーハンに入っているものと思えば、そう不思議ではない。それでも面白い味がする。
image
坦坦面
もう何度目だろう。また坦坦面が食べたくなりこの食堂を訪れた。さっそく坦坦面を注文。これだよこれ。本場の坦坦面最高!
3RMB (45円)
image
雲呑
肉の味がしっかりしている。スープはあっさりしているが、その分、雲呑の味が引き立つ。
4RMB (15円)
image
レタスのおひたし
何度か通って「おいしいですねー」と言っていたら、サービスに出してくれたレタスのおひたし。四川独特の辛いタレをかけると何でもおいしくなってしまう。ありがとう!いただきます!
0RMB (0円)
@成都坦坦面
Jinri/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-27
image
豆のお煎餅
夜の錦里を歩き、おやつに豆のお煎餅を食べる。香ばしくてなつかしい味がした。
@錦里 2RMB (30円)
宿にて/Chengdu,Sichuan,China
2007-10-28
image
四川料理教室
今日はこれから四川料理教室を受講する。まずは下ごしらえに、先生が野菜を次々にカットしていくところを見学。にんにくと生姜、そして唐辛子はみじん切り、鶏肉と豚肉は一度細切りした後、再度細かく挽肉にして料理酒を混ぜ合わせる。
image
ピーナッツ油を、まず作る。
今日作る四川料理は全部で五種類。まずは全ての料理で使う大事な油を先生が作る。大豆油に生のピーナッツを入れて、じっくりかき混ぜながら加熱。10分ほどでピーナッツ油の出来上がり。
image
残ったピーナッツはおつまみに
残ったピーナッツはおつまみにいただきましょう。揚げたてアツアツを召し上がれ。
image
先生が麻婆豆腐を作るところを見学
先生が麻婆豆腐を作る。ピーナッツ油に挽肉と豆板醤、そしてにんにくと生姜のみじんぎりを入れて炒める。肉が炒め終わったらお湯を入れ、塩コショウに紅油と醤油、そして味の素で調味し、カットした豆腐を入れて更に加熱し、水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつけた後、皿に盛る。
image
麻婆豆腐の出来上がり
最後に細かくカットしたネギをのせて出来上がり。
image
試食「うまいっ!」
お待ちかねの試食。うまいっ!
image
先生、次の料理に取り組む。
そうこうしている間に、先生は次の料理に取り組んでいる。あわててメモをとり、先生の料理を見守る。豚細切り肉と細切りにしたネギに、醤油と砂糖に塩、そしてお酢と淀粉を適量入れてこね合わせます。中華なべにピーナッツ油をひき、先程調味した豚細切り肉とネギに謎の野菜、そして豆板醤とにんにくと生姜のみじんぎりを入れて炒めます。
image
魚香肉絲の出来上がり
皿に盛って出来上がり。魚は使われていないが、魚のような香りがするのでこのような名前がつけられたとのことだ。
image
試食「これもうまいっ」
そして、お待ちかねの試食。これもうまいっ!
image
回鍋肉
次々に先生によって料理が作られる。回鍋肉は、ピーナッツ油に豆板醤と生姜のみじんぎりを入れ、豚肉とネギ、そして紅油を入れて炒めます。塩で味を調え出来上がり。やっぱりこれもうまい。先生曰く簡単な料理とのことだ。
image
宮保鶏丁
更に先生が腕を振るう。多めの油で鶏肉と謎の野菜を揚げ炒める。火が通ったら一度油を切り、赤ピーマンを加えて更に炒める。調味にお酢に醤油を加え、最後にピーナッツを加えて出来上がり。そしてこれもうまい。
image
炒土豆絲
最後に先生が作った料理は炒土豆絲というジャガイモ炒め。水にさらしておいた細切りジャガイモ、そして赤ピーマンと謎の野菜を、熱したピーナッツ油をひいた中華なべに入れ、一気に炒める。砂糖と塩で調味しあっという間に出来上がり。やっぱりこれもうまかった。そしてスプーン以外何も触れることなく料理教室は無事終了。
@Soma Hostel 四川料理教室 90RMB (1,350円)/ひとり
image
調味料の研究と買出しに
料理教室でよく理解できなかった調味料をスーパーマーケットで研究。なるほど!
@スーパーマーケット
航空機内/Chengdu to Shenzhen
2007-10-29
image
機内食
豚肉とニンジン、謎の野菜の炒めものに、ジャガイモとオニオンのスープがついたライス。麻辣のタレもついて辛い味も楽しめる。コーンとレタスのサラダにパン。デザートにはメロンがついている。国内線なのに、このボリュームは大満足。とてもうれしい。
@成都発深セン行き
深セン空港/Shenzhen,Guangdong,China
2007-10-29
image
ビッグマック
レタスがきちんとカットされているし、ソースも適量。ふっくらとしておいしい。
@マクドナルド 18RMB(270円)
2 Hau Fook Street,Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-29
image
蝦入り腸粉
ふるふるっとした腸粉に、エビが入っている。コクのあるタレをからませて食べるとおいしい。
image
鮮蝦雲呑麺
おいしかった鮮蝦雲呑麺をまた食べにきた。何度も同じお店に通うと、お店の人も覚えていてくれて、とても良くしてくれる。そういうのっておいしい上にうれしい。
18HK$ (270円)
@洪利粥店茶餐廳
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-30
image
牛丼
レンゲとお箸で食べるのが香港流。お箸でレンゲにご飯と牛肉をのせ、レンゲを口に運ぶ。茶碗は持たずに置いたまま食べる。なれると意外に食べやすい。
@吉野家 27HK$ (405円)
2 Hau Fook Street,Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-30
image
炸醤麺
帰ってきた香港で、炸醤麺を食べる。一緒に入っている青菜が甘辛い具のアクセントになる。やっぱりおいしい。スープはスープで別に飲むのが好きだ。
18HK$ (270円)
image
香港のお粥は、普通の普通にイメージするお粥とはちょと違う。たっぷりお粥は中はだしがきいていて、とってもおいしい。
image
炸兩腸粉
腸粉に包まれている揚げパンの食感が面白い。まわりの人を見てもこの腸粉を食べている人が目立つ。香港のポピュラーメニューだ。
image
芝麻糊
暖かくとろみのあるゴマ味のデザート。ゴマ味のお汁粉のようで体だけでなく心も暖まる。
10HK$ (150円)
@洪利粥店茶餐廳
Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-30
image
ビッグマック
ふっくらしているし、ソースの量も適量だが、ジューシー感が少ない。きれいにまとまっているだけに少し残念。全体としてはレベルが高い。
@マクドナルド 24.30HK$ (365円)
2 Hau Fook Street,Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-10-31
image
西多士
香港風フレンチトースト“サイトーシ”と呼びます。揚げたフレンチトーストにはシロップがジュワッ。バターがどんっ。そしてナイフで切ると出てくるのがピーナッツバター。
@洪利粥店茶餐廳 12HK$ (180円)
Sheung Wan/Hong Kong,China
2007-10-31
image
雲呑坦坦麺
上海料理屋さんで、響きの良い名前に惹かれて注文。本場の坦坦麺とは違うがスープの入ったものも、なかなかおいしい。ひと言で言うとピリ辛味噌ワンタンメンだ。
26HK$ (390円)
image
楊州炒飯
今までの四川省の味と比べると、とても優しい味。ハムと卵とグリーンピース、そしてチャーシューとエビ、それぞの味が楽しめるが、全体としての統一感は少ない。誰にでも安心して食べられる味だ。
25HK$ (375円)
image
小籠包
ひとくちほうばると肉汁が染み出るほどジューシー。お店の人がすすめるだけあっておいしい。また食べたい味だ。
15HK$ (225円)
@匯一小廚
2 Hau Fook Street,Tsimshatsui/Hong Kong,China
2007-11-01
image
自製魚蛋麺
魚をすりつぶした団子にはんぺんとレタスが入った麺。ネギとガーリックフライが味のアクセントになり、あっという間に食べてしまった。
18HK$ (270円)
image
椰子汁西米露
「お腹が減ってないなら、これなんかどうだい」とすすめてくれた一品。おいしかった中国と香港の味にさよならを告げ、インドネシアはバリに向かう。再見!
10HK$ (150円)
@洪利粥店茶餐廳

もう1度上から読む「インドネシア」へ

この世の中で本当に喜びを与えてくれるものはいくつあろうかと指折り数えてみると、決まって最初に指を折らねばならぬものは食べ物であることに気づく。

林語堂

最終更新日 : 2008-09-02サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.