ギリシャのごはん

ルート

サモス島→ミコノス島→アテネ

宿にて/Samos,Greece
2007-09-23
image
野菜スープ
トマトとオニオンとジャガイモ、そしてパスタを加えて煮込む。かつおだしと塩コショウで味付け。具だくさん野菜スープの出来上がり。
@ピタゴラスイン
image
サモスワイン
サモス島で作られるこのワインは蜂蜜のような甘さが特徴。島の緑豊かな自然がワインの味につながっているようだ。
@近所の食料品店
宿にて/Samos,Greece
2007-09-24
image
チョコドリンクとチョコパン
物価の高いヨーロッパではこういう食事も多くなる。
@近所の食料品店
サモス市街/Samos,Greece
2007-09-24
image
野菜市
メインストリートをひとつ奥に入った道では、地元のおばちゃんが野菜を売りに来ている。この後、にこやかに挨拶をしてくれた。トマトの赤さが印象的だ。
@街角
宿にて/Samos,Greece
2007-09-24
image
ゲミスタ
ゲミスタとは詰め物をした料理のこと。夏に食べられるギリシャを代表する料理のひとつ。ギリシャにて本格的なごはんごはんごはんの幕が開く時がきた。
image
ゲミスタの中身
トマトの中身をくり抜いた中に、パセリとディルにオリーブオイル、そしてシナモンとグラウンドペッパーで味付けしたライスと挽肉、オニオンとピーマンを詰め込んでチーズをのせる。オーブンで焼いて出来上がり。ジューシーな深い味わいが記憶に残る。
@ピタゴラスイン
宿にて/Mykonos,Greece
2007-09-25
image
パスタ
キッチン完備の宿で思う存分腕を振るう時が来た。マイ鍋とマイ湯沸しポットを駆使して作ったオニオントマトソースのパスタ。チーズとミントをのせて召し上がれ。
image
オニオンサラダ
ミコノスで買ったキュウリとオニオンは、それぞれ輪切りと薄切りにして、その上にトルコで買った「ゆかり」のような粉をかける。そして飲み物はエジプトで買ったアローサティー。今日のうちの食卓は、国際色豊かだ。
@Vista Apartments-Suites
宿にて/Mykonos,Greece
2007-09-26
image
野菜スープ
今日は、ジャガイモとニンジン、そしてオニオンをうすいカレー味に仕上げる。私はうまいスープで生きているのだ。
image
タラモ オン ラスク
夜ごはんをつくる前のひととき。ラスクにタラモペーストをつけて、ミコノスの夜を楽しむ。タラモペーストは近所のスーパーChampionが安い。
image
スープカレー
夜ごはんはスープカレー。ナスとジャガイモとオニオンと、大きめ野菜にチーズをかける。そういえば最近肉を食べていない。
@Pelagos Studios
宿にて/Mykonos,Greece
2007-09-27
image
シリアルとタラモトースト
部屋からミコノスの海を眺めている。優雅な一日の始まりは豊かな朝食から始まる。シリアルは近所のスーパーであるChampionのブランドが一番安かった。近所と言っても片道30分は歩く。
image
ヨーグルト
一日に一度は食べたいミコノスヨーグルト(字余り)。しっかり濃くてしっかりおいしいヨーグルトは、器も陶器で出来ている。この器は以降ミント栽培に使用。
image
カレーとタラモ&エッグラスク
静かな夜の海を眺めながら、いただく今日の食卓はきちんととろみをつけたカレー、そしてタラモと炒り卵をのせたラスク。ビールを飲みながら涼しい夜風に吹かれた「うちの食卓」では、ゆっくりとした時間が過ぎてゆく。
image
ミコノスの風
ミコノスの夜風に吹かれながら楽しむノンアルコールカクテル。作り方はロックアイスを入れたタンブラーにコーラを注ぎ、仕上げにミントを添える。これを「ミコノスの風」と名づけたい。
@Pelagos Studios
Mykonos Town/Mykonos,Greece
2007-09-28
image
ナス
朝の港に出てみると、魚や野菜を売りに来ている地元の人々を見かける。トマトとオニオン、そしてこの白いナスを買って、おじさんにギリシャ語で「ありがとう」と言うと、キュウリとお花をおまけしてくれた。
@朝市
宿にて/Mykonos,Greece
2007-09-28
image
パスタ
朝市で買ったミコノスの野菜をたくさん使い、オリーブオイルで炒めたミコノスパスタ。真っ白な建物が広がる先には、月明かりに照らされたミコノスの海が見える。
image
ワイン
ミコノスで作られた白ワインとともに静かな時間が流れる。
@Pelagos Studios
宿にて/Mykonos,Greece
2007-09-29
image
グラノーラ
チョコチップやピーナツを蜂蜜などで固めたグラノーラは、冷たいミルクと良く合う。甘さとミルクが織り成すハーモニーはすがすがしい1日の始まりだ。
image
カナッペ
ラスクの上にたっぷりタラモサラダをのせ、その上にキュウリで彩りを添える。ミコノス最後の日にふさわしい。
@Pelagos Studios
Mykonos Town/Mykonos,Greece
2007-09-29
image
ムサカ
ギリシャの伝統的なナス料理であるムサカを食べた。ジャガイモの上にナスと挽肉で層を作り、ベシャメルソースをかけてオーブンで焼いてある。
image
魚介盛り合わせ
ポテトフライの上にのせられた焼いた魚とエビに揚げたイカ。この上にレモンを絞っていただく。素材を活かした素朴な味わいだ。
@Nicos
アテネ市街/Athens,Greece
2007-09-30
image
パイとファンタオレンジ
小腹がすいた街角で、とりあえずパイをパクリ。冷たく冷えたファンタで生き返るー。
@Coffee Time
Plaka/Athens,Greece
2007-09-30
image
サラダとグラスワイン
乾燥した地中海性気候が育むギリシャのトマトはうまい。ワイン発祥の地と言われるギリシャだが、このワインはまあまあ。
image
スブラキ
ジューシーな串焼き肉は、代表的なギリシャ料理。トルコではシシケバブと呼ばれるものとほぼ同じ。
image
ムサカ
ミコノスで食べたムサカに満足できず、アテネでもムサカに挑戦。ナスや挽肉の味はそれぞれおいしいのだが、ジューシーさがあまり感じられない。こんなものなのかな。
image
オレンジ味のデザート
おまけについてきたようなデザート。カステラを砂糖水につけたような味で、しっとり甘く後味が残る。そしてギリシャを後にした。
@Ta Youvetsakia ディナーセット12€ (2,004円)

もう1度上から読む「ハンガリー」へ

外国に住んでいるときに僕がもらっていちばん嬉しかったのは、
1. おいしい地酒(できたら〆張鶴がいいな)
2. だし関係(かつおぶし、昆布、など)
3. 太白胡麻油、千鳥酢、湯浅の醤油

村上春樹

最終更新日 : 2008-03-03サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.