ヨーロッパのごはん

イタリアは、トマトをふんだんに使ったパスタとピザ、フランスでは多彩なソースに驚く。スペインの夜はパエリアを楽しみ、ギリシャでは伝統料理のムサカ、ハンガリーではグアーシュを食べたい。

長い歴史とともに育まれてきた食文化がここにはある。

ついに始まるごはんごはんごはんヨーロッパ編、ディナーはワインとともに。

イタリア、ローマのごはん

Trastevere/Rome,Itary
2007-05-09
image
ピザ(本場)
ピッツェリアで食べたピザ、やっぱり本場のピザは焼加減から違う。濃厚なトマトの味が素材の違いを感じさせてくれる。
@Nick e Tony Pizzeria
image
チーズ屋さん
リコッタチーズがドカッと山盛り。ピッツェリアの帰りにお散歩していたらこんなお店が目に入りました。
Via delle Quattro Fontane/Rome,Itary
2007-05-09
image
赤ワイン
近所の雑貨屋に勧めてもらって買ったワイン。ヨーロッパで飲む初めてのワインはやっぱりおいしい。
@クアットロフォンターネ通りの雑貨屋さん
Via delle Carroze/Rome,Itary
2007-05-10
image
ハウスワイン
宿のオーナーに教えてもらったレストランで、まずはハウスワイン、とってもお得です。まずはワインを飲まないとヨーロッパに来たとは言えないと思うのは私だけじゃないはず。
image
ウンブリアのアンティパスタ
ウンブリア州の味覚を集めた一皿。思ったより固いサラミ達や生ハムに驚くも、その味の深さに感銘。ヨーロッパ式のおいしさに触れた瞬間だ。噛めば噛むほどに味がわかる。
image
カルボナーラ
フルコースにおいて、パスタはメインではないのだが、これはメインをはれる味。思ったよりも日本の味に近く、自然に楽しめる味で、敷居を高く感じていたヨーロッパに親近感が湧いた。
image
サーロインステーキ
待ってましたのメイン料理。肉としては固めだが、やはり噛めば噛むほど味が出る。小さなバイキングビッケが食べていたステーキを思い出した。私はレアの肉が好きではないのだが、こういうステーキならレアも納得できる。
@オステリア333 2人分の昼ごはん 34.50€ (5,589円)
トレヴィの泉そば/Rome,Itary
2007-05-10
image
ジェラート
どこの国でも人気のジェラート。本場のイタリアの味がとっても楽しみ。
@ジェラテリア
image
ジェラート
こっくりしたサバイオーネと、さわやかなキィウィの組み合わせにしました。なんでこんなにおいしいんだ。
@ジェラテリア 2.00€ (324円)
Trastevere/Rome,Itary
2007-05-10
image
アンティパスタ
ビュッフェタイプのアンティパストをここぞとばかりに大盛りに。食べてみてびっくり、これだけで満足してしまいます。ビバ、イタリアン。
image
ブカトーニアマトリチャーナとマルゲリータ
このアマトリチャーナは最高、東京で食べたアマトリチャーナとは比べ物にならない。食べた瞬間、この店に通うことを決めました。奥はマルゲリータ。本場の味付けはちょっと物足りない感があるも、ピザの基本形を味わえたことに満足。素材が生きている。
image
メインの盛り合わせ
これがひとつのセットとしてくるの?という量にイタリアの底力を見た。魚にチキンに牛肉の串刺しまでついて、これほどの満足を得ることは、日本ではありえない。アメージング…。感無量です。
image
ティラミス
すごいディナーセットの割りに、なんだか素っ気ないアイスクリームタイプのティラミスでした。
@Vecchia Roma 2人分の夜ごはん 44.50€ (7,209円)
パンテオンそば/Rome,Itary
2007-05-11
image
ジェラート
真っ黒な見た目に引かれてチョコレートと、あてずっぽうに頼んでみた白いもの(名前が読めなかった…)。てきとうに頼んでも大満足な味です。
@Reza Gerati 2.00€ (324円)
Via Buonaratti/Rome,Itary
2007-05-11
image
カルボナーラ
こんなに太いパスタは初めて見た。出てきた瞬間「ごっついなー」と思った。味はね…カルボナーラは自分で作るのが一番おいしいと確信。この麺はまねできないけど。
image
ブカトーニアマトリチャーナ
中を器上にくりぬいたチーズの中で火をつけながらトマトーソースをチーズと混ぜる。そのソースがからんだブカトーニは絶品。生涯忘れられない味となるだろう。この固めに茹で上げられるアルデンテのこつはなんなんだろう…。
image
クアトロスタジオーニ
四つの味が楽しめるゴージャスピザ。イタリアのピザはこれぐらいのグレードが一番おいしく感じられる。マッシュルームの味がトマトソースと絡むととってもおいしい。
image
ティラミス
これも絶対にイタリアで食べたかったデザート。とてもゆるくて滑らかなクリームにびっくり。濃厚だけど、するする食べれます。このくらい甘いものを食べると、お腹も食事が終わったーと実感できます。
@Vecchia Roma 2人分の夜ごはん 29.50€ (4,779円)
Via Buonaratti/Rome,Itary
2007-05-12
image
ハウスワイン(赤)
何度も店に通うと、店のお兄さんは優しくしてくれる。そういうふれあいはとても好きで、また通ってしまうことになる。ワインは赤と注文する時に「チント」と言ったら、それはスペイン語だと店のお兄さんに諭された。わかるならいいじゃん。
image
アンティパスタ
ビュッフェタイプというと、つい欲張っていっぱい取ってしまうのは悲しい性。でもここのアンティパスタはおいしい。他の注文している品を作っている時に、つくり置きの前菜をお客さんに食べさせるという方式は、とても理に適った方式で好感が持てる。
image
ニョッキ
これはちょっともったりとしてた。もともと、もったりした料理なんだけれど。
image
ブカトーニアマトリチャーナ
ブカトーニとはマカロニ状のパスタことを指すそう。それでこんなに中身がつまってもちもちとしているのか…。しっかり火が通っているのに固めのブカトーニに絶妙のソースがかかるとこれほどおいしくなるものなのか…。この一品だけの為に通う価値がある。
@Vecchia Roma 2人分の昼ごはん 29.50€ (4,779円)
Via Tiburtini/Rome,Itary
2007-05-12
image
ジェラート
今回はベリーとカフェの組み合わせ。ふたつの味のバランスをあれやこれや考えて注文するのは、ジェラートを食べる楽しみのひとつ。ローマ観光の中心地をすこし外れると、お値段がお安くなる。
@ジェラテリア 1.40€ (227円)
宿にて/Rome,Itary
2007-05-12
image
カプレーゼ
トマトにモッツァレラチーズを載せ、オリーブオイルで味を締める料理。微妙な塩加減がこの料理のコツ。自作料理にも素材による磨きがかかる。イタリアのトマトは、信じられない程赤いのだ。
@Casa Del Mond
バス停とドライブインにて/Rome,Itary
2007-05-13
image
ポテトチップス
イタリアを去るバス内での非常食、トマト味とあるがあまりトマトの味はしない。フレーバーは不明だが普通においしく、非常食には良いのではないか。
@バス停の売店
image
ピザセット
昼食休憩に立ち寄ったドライブインでの食事、意外においしいピザに、イタリアの奥深さを知る。
@ドライブイン 8.70€ (1,409円)
image
チョコレートケーキ
案外おいしかったお菓子。フォンダンショコラのような味わいで、食べ始めるとあっという間になくなってしまった。本当は非常食として買ったのに…。
@バス停の売店

もう1度上から読む「フランス」へ

美味とは食物そのものにあるのではなく味わう舌にあるものである。

ジョン・ロック

最終更新日 : 2008-03-03サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.