旅立ち編

オーストラリア、メルボルン

再会

「久しぶりね!」後ろから聞こえてきた日本語に、思わず振り返ると、見知らぬ女性が立っていた。誰だこの人はと思っていたら、横でハッチが驚きの声をあげている。

彼女の名前はリーさん。ハッチの同級生で、オーストラリアから日本へ留学していたお友達。

実は、ハッチが彼女と連絡を取り、待ち合わせていたのだが、あまりにも流暢な日本語の発音に、一瞬、事態がよくつかめなかった。

ここはオーストラリアでも、最も産業が発達している都市メルボルン。路面電車が今も走る風情のある街並みが赴きを感じる。現在はメルボルンで二人の娘を育てるリーさんと再会出来たのは、ハッチにとってとてもうれしいことだ。

カフェでしばらくの再会を楽しみ、翌日、リーさんのお宅にお招きいただいた。クリスマスが近づくメルボルンでは、ライトアップされた家が立ち並ぶ。クリスマスに即したサンタクロースなどの電飾が、赤青緑に点滅する。静かなオーストラリアの住宅地は、再会を楽しむ明るい夜となった。

← ひとつ前に戻る

9/69

次のページを読む →

今を生きろ。

ホラティウス

最終更新日 : 2007-07-13サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.