旅立ち編

オーストラリア、メルボルン

ホストファミリー

驚きのあまり、彼女は5センチほど飛び上がった。ハッチがオーストラリアに留学していたときのホストマザーだったダイアンさんとの再会。

15年という期間に、シドニー北西にあるペンリスという街は、シドニーオリンピックをはさんで、すっかり変わったとのこと。お互いに連絡が取れなくなっていた中での再会に、二人は抱き合って涙と共に喜びあっていた。

ダイアンさんとの連絡がつかない中で、なんとか確認できた知り合いの電話から、ダイアンさんの勤務先を教えてもらい、訪ねていった結果の再会だ。

その後、ダイアンさんの自宅で夕食をいただいたり、ダイアンさんの家族と共にピクニックをしたりした。オーストラリアの12月は強く明るい陽射しで、芝生も空も全てが色鮮やかに映る。

ハッチとホストファミリーの15年前の思い出と、新しい思い出がオーストラリアにはある。数日後、シドニー国際空港からニュージーランド行きの飛行機に乗り込んだ。

← ひとつ前に戻る

11/69

次のページを読む →

今を生きろ。

ホラティウス

最終更新日 : 2007-07-13サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.