旅立ち編

チリ、イースター島

ガイドのピーター

私達のイースター島滞在は、今までで最長の11日間を予定していた。こんなに長い滞在にしたのは理由がある。今までの旅でたまった疲れを癒すという意味と、ゆっくりと時間をかけてイースター島を楽しみたいという意味だ。

しかしゆっくり時間をかけるといっても、最初から余裕に構えていることはできない。最初に行動をおこさないと残りの日程が少なくなってから余裕なく島を回ることになり、結果ゆっくりと島を感じることができなくなってしまうと思っていたからだ。そんな私達に、声をかけてきたのは同じ宿に泊まっているピーターだった。

ピーターの身長は190cm程、日焼けと大柄な体のせいかよくアメリカ人に間違われるというドイツ人。彼は、一年のうち半年間をドイツで過ごし、残りの半分をイースター島のガイドとして過ごすという生活をしている人だった。

しばらく彼と島のガイドについて話しをしていると、少し鼻にかけて小馬鹿にしたような笑いをする癖が気になったが、なかなか落ちついていて人を騙すようなタイプには見えなかった。色々と話を聞いた上で私達は彼にガイドを頼むことにした。彼は快く引き受けてくれた。

← ひとつ前に戻る

21/69

次のページを読む →

今を生きろ。

ホラティウス

最終更新日 : 2007-07-13サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.