旅立ち編

アルゼンチン、メンドーサ

ゴージャスなカフェオレ

目星をつけていたホテルに部屋はいっぱいとのことで、仕方なく周辺のホテルを探してみることにした。何件かまわってみた中で運良く手頃な値段で部屋の感じも良いホテルを見つけることができ、そのホテルに泊まることにした。

このホテルの従業員は、愛想こそないのだがどことなく親近感を覚える男性で、そんな彼を私は親しみを込めて密かにゴージャスと呼ぶことにした。彼がゴージャス松野に似ていたからだ。

このホテルに私達は満足していた。可もなく不可もなくという感じだったが、毎日気持ちの良いタオルを交換してもらえるし、シャワーもすこぶる気持ちが良い。そして朝食に入れてくれるゴージャスのカフェオレ、これが最高に美味しいのだ。

カフェオレのことをスペイン語ではカフェ・コン・レチェと言う。いつもゴージャスがこのカフェ・コン・レチェをカップになみなみとついでくれるのが、毎朝の楽しみになっていた。言葉少なげにゴージャスは「もっと?」と聞いてくれる。勿論いつも「お願い」とうなずく。そんなゴージャスなカフェ・コン・レチェは最高だ。後で聞いた時、彼はセバスチャンという名前だったのだが、どうしても覚えられない。

← ひとつ前に戻る

38/69

次のページを読む →

今を生きろ。

ホラティウス

最終更新日 : 2007-07-13サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.