旅立ち編

アルゼンチン、コルドバ

フフイ

なんかむかつく宿にも、ひとつだけ楽しいことがある。宿にいるレトリバーのフフイだ。この子は女の子で、従業員の男性がとても好きなのである。いつも後をついてまわっては、遊んでもらっている幸せな犬。「犬を見ている時が幸せ」と言う人がいたが、私もその意見に賛成だ。犬が喜びいっぱいに走りまわっている姿を見ていると、見ているこっちにまで喜びが伝わってくる。

また、ソファに小さくなりながら寝ている姿を見ると、かわいさのあまりちょっかい出したくなってしまう。でもちょっかい出しても微動だにせず寝たままでいる鈍感なところなど、愛すべきところだ。この子がいつまでも幸せに暮らせますように。

← ひとつ前に戻る

50/69

次のページを読む →

今を生きろ。

ホラティウス

最終更新日 : 2007-07-13サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.