旅立ち編

アルゼンチン、ブエノスアイレス

ブエノスのおじさんの夜

ブエノスアイレスは、南米のパリとも呼ばれる華やかな都市。統一された古い街並みの夕暮れ時等は、はっと心が動かされるほどの美しさを感じさせる時がある。しかし、多くの場所ではゴミや犬の糞が散乱しているし、けたたましくクラクションを鳴らし、黒い排気ガスを撒き散らしながら走る古い車を見ていると、正直パリとまでは言い過ぎなのではないかと思ってしまう

そんな南米のパリの街角では、夜、何もせずに座り込んでいるおじさん達をよく見かける。少し会話をしている時もあるが、ほとんど何もしないで座り込んでいる。しばらく彼らを観察していた時に若い女性がおじさん達の目の前を通りすぎた。すると、ものすごい勢いで女性を見始めた。おいおい、そりゃあ、あまりにも見すぎじゃないか?そんなことを思っていると、また若い女性がおじさん達の目の前を通り過ぎた。今度はもっとすごい勢いで凝視している。しかし若くない女性が通りすぎる場合には見向きもしない。どうやら彼らは女性ウォッチング(若い女性限定)をしているらしい

その姿はあまりにも真剣で、あまりにも堂々と凝視している。

こうしてブエノスのおじさんの夜は更けて行く。

← ひとつ前に戻る

53/69

次のページを読む →

今を生きろ。

ホラティウス

最終更新日 : 2007-07-13サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.