旅立ち編

アルゼンチン、ブエノスアイレス

日曜名物

サンテルモ地区の日曜日には、毎週骨董品市が立つ。ここには、古い銀製品やガラス製品、衣服の露店が建ち並び、街角では大道芸人が様々な催しを開いている。そして広場で老若男女を問わずアルゼンチンタンゴが踊られている。

骨董品に紛れてアーティスト達が作った様々な革製品や銀細工が売られている。ここブエノスアイレスでは、経済崩壊が起きた為に若いデザイナー達を受け入れる企業が不足している為、露店で作品を売り生計を立てているデザイナーが多いそうだ。確かに他では見ないような質の良い革製品などが売られていた。

この骨董品市、なぜかあまりものを買う気にはならなかった。なかなか良いものも売られていたのだが、結局何も買うことはなかった。それでも私は毎週この骨董品市に足を運んだ。売っている商品が気に入らなかったとかではない。私はただ、この日曜日の活気ある骨董品市の雰囲気を 楽しむことが好きだった。

← ひとつ前に戻る

55/69

次のページを読む →

今を生きろ。

ホラティウス

最終更新日 : 2007-07-13サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.