旅立ち編

アルゼンチン、ブエノスアイレス

帽子にご注意

市内はバス路線が網の目のように張り巡らされている。バスはコインを持ってないと乗ることができず、しかもどこを通るのかが非常にわかりづらいが、使えるようになると本当に便利、ひと乗車わずか30円程で市内をまわることができる。

その日も、いつものように市内へ行くのにバスを利用した。ブエノスアイレスの夏は暑く、バスにはエアコンなどというものはないので、当然窓を開けて走ることになる。

そんな道中、道端からそれとなくバスに近づいてきた若い男がいた。バスに乗りたいのかと思わせるような動きだったのだが、その若い男は突然ジャンプし、バスの外からバスの中にいる人の帽子を盗み取ったのだ。突然の出来事に取られた男の子は一瞬戸惑うが、すぐさまバスを降りて帽子を取り返しに走っていった。

ただ帽子を盗っていっても大して金額がはるものともの思えないし、ただのいたずらなのかも知れない。それにしても状況から言って知り合い同士のいたずらとも思えない。勿論一部の人のことであるのだが、こんな状況を目の当たりにし、今のアルゼンチンの現実を垣間見たような 気がした。

← ひとつ前に戻る

56/69

次のページを読む →

今を生きろ。

ホラティウス

最終更新日 : 2007-07-13サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.