人と大地の躍動編

ブラジル、アマゾン

アマゾンに流れる浮き草

アマゾン川に浮き草がどんどん流れてくる。中には大きな倒木も流れてきている。アマゾン川は水量が一定ではなく、減水期と増水期があり、増水期が近づいてくると水草が流れてくるのだ。水量が多くなると上流の土地が削られて盆栽のような水草がぷかぷかと浮きながら流れてくる光景を目にすることができる。そうして増水期を迎えて水量が最高潮に達すると、川の高さは何メートルも高くなり、川の中州は沈んで川幅は広がり、広大な土地が水没する。

浮き草は多くなったり少なくなったりを繰り返しながら、意外と早い速度で流れてくる。刻一刻とその様子を変えるアマゾン川には、息吹を感じ胎動を感じる。まるで生きているようなその様子を何時間も眺めていた

← ひとつ前に戻る

15/65

次のページを読む →

真実は小説より奇なり。

マーク・トウェイン

最終更新日 : 2007-08-04サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.