人と大地の躍動編

ブラジル、アマゾン

元気な動物達

アマゾン川はやっぱり川だ。日本でもおなじみの川辺に生息する様々な動物を目にすることになる。カワウソ、カワセミ、白鷺、鵜。海のようにも湖のようにも見えるここが、川であることを思い知らされる。しかもその動物はとても元気だ。動物園で見る動物とはまるで違い、餌を追い求め疾走し、大空を駆け巡る。日本での生活においては、アマゾン川の水は汚い水と感じてしまうかも知れない。アマゾンのジャングルは洗濯物も乾かない程湿気があるし、突然のスコールにずぶ濡れになることだってある。しかし、この環境は劣悪な環境なのだろうか。

ジャングルには果物や薬草が多い茂り、川には信じられないぐらい多くの魚が暮らしている。その環境に囲まれている動物達は何かに媚びることも折り合いをつけることもなく、ただ自分の能力に見合う生活をしていた。ホテルの裏にはナマケモノまでのんびりと暮らしている。

ここアマゾンで生活する動物達はとても元気だ。

← ひとつ前に戻る

20/65

次のページを読む →

真実は小説より奇なり。

マーク・トウェイン

最終更新日 : 2007-08-04サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.