人と大地の躍動編

ペルー、マヌー国立公園

オウムの求愛ダンス

二日目の朝は散歩から始まった。途中で大きな橋を越えると、どんどん草木は増えてくる。歩いて景色を見るのも、すがすがしい気持ちで悪くない。空には多くのオウムや小鳥が飛んでいた。

車に乗り込み本格的に山を越えると、大きな草が増えてくる。シダ系の植物が増えてきた。段々とジャングルに近づいてきたような気がする。途中オウムの求愛ダンスが見られる場所に着くと、もうそこは草木がうっそうと茂っていた。

ホセの指示に従い、見張り小屋のような場所で静かにオウムを待つ。十数分程待つがオウムは現われない。ちょっと待っていて欲しいとホセは言い残し、見張り小屋を後にした。

しばらくすると、こっちに来いとホセが姿を現した。皆言われる通りにオウム探しを始める。そして探すこと数十分、結局オウムの求愛ダンスを見ることなく車に乗り込んだ

← ひとつ前に戻る

38/65

次のページを読む →

真実は小説より奇なり。

マーク・トウェイン

最終更新日 : 2007-12-17サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.