人と大地の躍動編

ペルー、クスコ

クスケーニャ

標高の高いクスコに着いてすぐは、アルコールを摂取しない方が良いとのこと、近くの雑貨屋ではビールやラム酒が売られていて、早速買ってきたラム酒も飲めずじまいで早三日、禁酒状態が続いている。

高山病はもうなんともないのだが、いきなりラム酒も強すぎだ。しかしインカコーラにも飽きてきた。こんな時は軽くビールが望ましいだろう。というわけで早速ビールを買いに行くことにした。雑貨屋でクスケーニャというビールを買う

このクスケーニャとはクスコ娘と意味。このビールはクスコで作られていて、ペルーで最も有名なビールだ。このビールのビンには二つの種類がある。ひとつはクスコで有名な十二角の石というもの、もうひとつはマチュピチュがかたどられている。そしてプリントではなく刻印された栓も本格的で美しい。雑貨屋では冷やされていないので、宿に持ち帰り冷蔵庫で冷やすこと約5時間後。待ちに待ったビールはきゅーっと冷えていて最高の味だった。

クスケーニャにはあまり見かけないが黒ビールもあり、これがまた美味しい。エビス黒ビールに似た軽く甘さの残る味わいはくせになる。また飲みたいビールだ。

← ひとつ前に戻る

47/65

次のページを読む →

真実は小説より奇なり。

マーク・トウェイン

最終更新日 : 2007-12-17サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.