人と大地の躍動編

ペルー、リマ

リマへ

プーノからリマへは飛行機で行くことにしていた。プーノの街には空港がないので近隣の街フリアカから飛ぶことになる。

宿まで迎えにきてくれる空港バスを12時に頼んであったので、それまでの午前中にプーノで買った数々のお土産を日本に送ることにした。

11時頃郵便局へ行き、ダンボールで梱包済みの荷物を持っていくと手続きがとても遅い。散々待たされた挙句、「宛名を貼る為のテープが郵便局にはないから持ってこないと手続きが出来ない」とのたまう。時間は11時40分をまわっている。これからテープを売っているところを探す時間はなさそうなので、走って宿と郵便局の間を往復しなんとかテープを用意すると今度は、「送付する為にはパスポートのコピーが必要だから持ってこい」とのたまう。仕方なく持っていた大事なカラーコピーを渡しなんとか手続きを終わらせて宿へ走る。

プーノの標高は約3800メートルで富士山よりも高くとても息が切れる。しかしもう時間は12時ちょうどになっているので走る以外に選択はない。息が苦しい。手足は強く圧迫されているように痛い。体はフルマラソンを終えた後のように重い。

なんとかホテルに到着するとまだバスは到着していなかった。時間は12時5分。宿の前まで荷物を持っていくとバスが到着。なんとか無事に空港まで行くことができそうだ。

← ひとつ前に戻る

58/65

次のページを読む →

真実は小説より奇なり。

マーク・トウェイン

最終更新日 : 2007-12-17サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.