人と大地の躍動編

ペルー、リマ

たすきあげ

リマを離れる前日、ホバーさんの家に招待してもらうことになった。ホバーさんはお姉さんとお母さんと一緒に3人で暮らしている。

ホバーさんの家はリマの中心部からは離れたところにあり、地元の子供達が家の外でボール遊びをしている。ここは街灯が少なく街は暗いが、住んでいる人々は素朴で明るい。

夕食を一緒に食べ色々お話をした。ホバーさんは「今後はもっとペルーに友達がいるようなつもりでペルーに来てもらえるような業務にしていきたいんだ。」と私たちに話してくれた。続けてホバーさんは「そういうのなんて言うんだっけ…ほら…えっと…たすきあげだっけ?」「???」「助け合い…かな?」「…?」

ホバーさんは、今後は日本語でもホームページを作ったりして行きたいとも夢を話してくれた。ホバーさんは日本語が話せるのだが日本語を読むのには苦労しているようで、メールでのやりとりはローマ字で行なっている。

「日本語訳のホームページを作る時には手伝ってくれないか?」とホバーさん。そんなの当たり前じゃないか、たすきあげするよ!

← ひとつ前に戻る

65/65

次のページを読む →

真実は小説より奇なり。

マーク・トウェイン

最終更新日 : 2007-12-17サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.