出会いそして別れ編

メキシコ、メキシコシティー

はじめてのおつかい

ひょんなことからキムチを買うことになった。ことのはじまりはこうだ。メキシコに住んでいる友達とメールのやりとりをしている中、是非会おうということになり、そのついでとしてメキシコシティーの韓国街でキムチを買って持っていくというおつかいを頼まれたのだ。

メキシコシティーの中心近くに韓国街はある。お昼過ぎに宿を出発し、まずはアメリカンエアラインズで航空券日程変更の用事を終わらせることにした。

二時ごろには用事も無事終了し、いざはじめてのおつかいに出発。道行く人に場所を尋ねながら韓国街があるという地区まで地下鉄で移動。メキシコシティーは地下鉄網が整備されていて行きたい場所に移動するのがとても便利。そして音楽CDを買うのにも便利だ。

ほぼ一駅毎にラジカセを持った売り子さんが大音量で車両内を練り歩く。しかもそれぞれがジャンルの違う音楽を担当しているので、まずは激しいロック系の音楽、その次はムーディーなオリエンタル系の音楽、その次は子供教育用の英語教材というようにバラエティーに富んでいて飽きない。でもきっと海賊版なので買わない。

韓国街があるという地域までやってきた。街には多くの警備員らしき人がいるので片っ端から尋ねてみる。だが皆「NO」という答えばかり。そんな答えでは知らないのか存在しないのかすらわからないじゃないかまったく。

そんな中、一人だけ「真っ直ぐ行って交差点四つ目だ」と答えてくれた人がいた。なんだやっぱりあるじゃないかと四つ目の交差点に行ってみると大きなホテルが現れた。中には日本料理のレストランがある…。おしい。確かに似ている。でもここではきっとキムチは買えない。

気を取り直してホテルのコンシェルジェに韓国街のことを尋ねると、詳しい場所を教えてくれただけでなく親切に行きかたまで調べてくれた。メキシコシティーのセビージャ駅を降りてアメリカンエアラインズのオフィスの少し先…。アメリカンエアラインズ?お昼過ぎに行った場所のすぐ近くじゃないか

外はもう陽が沈みかけていた。おなかもすいていた。という訳で、おつかいついでに夕食も食べに行くことに決定。今日の夕食は韓国料理を食べよう。

久しぶりに韓国料理が食べれると思うとあら不思議、あっという間に韓国街に到着。大衆食堂のような韓国料理屋に入り早速注文。するとまず最初に大量のキムチの登場だ。

ちょっと待って、注文したのはビビンバとプルコギで、キムチは注文していないよと言おうとしたのだが、全部のテーブルにキムチは置かれている。なんとこのキムチはサービスなのだ。しかも思わず大漁旗をあげてしまいそうになる程大量だ。結局この大量のキムチと料理をたいらげて大満足の一日になった。

そうそう、おつかいのキムチを忘れてはいけない。

お店の人に売って欲しいとお願いすると、重箱ぐらいの量を用意してくれた。やっぱりキムチは大量なのだ。

← ひとつ前に戻る

3/50

次のページを読む →

為すに任せよ、行くに任せよ。

自由主義者のことば

最終更新日 : 2008-02-10サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.