出会いそして別れ編

メキシコ、オアハカ

オアハカグルメ

特製ソースをのせたピザの上に、オアハカチーズをふんだんにのせる。このオアハカチーズ。あっさり塩味で繊維質。コシは強くて植物性のような優しい味がする。

このオアハカチーズのオアハカピザのピザ生地はクリスピー。手で割るようにして取り分ける。コロナビールと一緒にオアハカチーズをひとつまみ。今まで経験したことのない味で、最初は違和感があるのだが、二度目からはやみつきになる

オアハカはグルメな街としても有名。なかでもこのオアハカチーズは、日本の裂けるチーズのヒントにもなったといわれるほど有名だ。このチーズをタコスに挟んで暖めると、おもちのようにのびる更に美味しいチーズになる。

そのほか、オアハカにはグレープのような色で、見た目からは想像もつかないサボテンのアイスや、道端ではその場で作ったポテトチップスを売る屋台もある。

地元の人々が集まる食堂では、店先で香ばしく焼いた肉を少し厚いクレープのような生地に挟む。この肉の種類が様々。プレーンな肉から赤くて辛味がついた肉、中身がそぼろのようになっているソーセージなど。これらの肉を生地に挟む。

赤いチリソースに緑のハラペーニョソースを多めにつけてパクリ。この時、手をつかって食べるのがメキシコ流。四人で話しながら食べていると、気が付くとテーブルにはお皿だけしか残っていなかった。

店先では、自分が注文した肉が焼きあがるのをじっと待つ人々、そんな人々の注目にあっても、お店のおばちゃんは網でもくもくと肉を焼きつづける。炭火が火の粉をまいて炎があがっても、おばちゃんは動じない。

炎で周りが明るくなる度に、縁日にいる子供達のような人々の顔が見えた。

← ひとつ前に戻る

13/50

次のページを読む →

為すに任せよ、行くに任せよ。

自由主義者のことば

最終更新日 : 2008-02-10サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.