出会いそして別れ編

アメリカ、ニューヨーク

大都会

アールデコ装飾の建物は、機能的な人工都市の象徴。基盤の目のように整備された道と歩道を歩く人々には、今まで感じたことのないような清潔感が感じられる。

ここはニューヨーク。アメリカ合衆国最大の都市であり、世界経済の中心地でもある。

人種のサラダボールと呼ばれるニューヨークでは、様々な人々がチャイナタウンに代表されるコミュニティーをつくり、それぞれの小さな街をニューヨークの中に形成している。街を歩くと10人に1人ぐらいはアジア系の人を見かけて、自分が日本人であることを意識しない。

ニューヨークはマーブルチョコのような都市だ。ほとんどの都市には、都市ごとの色彩があるが、ニューヨークでは地区によって文化が異なり、多くの色彩があふれていて、都市としての色彩を特定できない。

誰にでも何かがある街と称されるニューヨーク。約2年前に来た時にあったレストランは違うお店に変わっている。常に変わり続ける大都市には、多くの人がそれぞれの夢を持ち、自らの価値観の中で挑戦し、それを受け入れるだけの大きな包容力があるように思える。

← ひとつ前に戻る

18/50

次のページを読む →

為すに任せよ、行くに任せよ。

自由主義者のことば

最終更新日 : 2008-02-10サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.