出会いそして別れ編

アメリカ、ニューヨーク

地下鉄のパフォーマー

タイムズスクウェアの午後四時、ミュージシャンが地下鉄でパフォーマンス。二人はポップな曲をギターと共に歌う。あれ?よく見ると、双子じゃないのか?そっくりな二人は、市民が足早に通り過ぎる中、演奏を続けている。

次第に人が集まってくる。軽やかなその音楽は、場所の雰囲気もあってニューヨークらしく聴こえるから不思議だ。

ニューヨークの地下鉄で行われるパフォーマンスはレベルが高い。聞くところによると、パフォーマンスをするためのオーディションがあり、そのオーディションを通過した人だけが演奏できるということらしい。

そんなところに一人の警察官が現れ、拳銃を手に近寄ってきた。許可のない状態でのパフォーマンスは警察官に止められてしまうとのことだ。これはまさか…。

と思ったら、通行人の女性に見とれていた。いくらニューヨークでもいきなり拳銃はないか。

← ひとつ前に戻る

22/50

次のページを読む →

為すに任せよ、行くに任せよ。

自由主義者のことば

最終更新日 : 2008-02-10サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.