出会いそして別れ編

アメリカ、ニューヨーク

今夜ジャズバーにて

カクテルを飲みながら聴く心地良い音楽は、心地良いおもてなしを受けながら、穏やかに会話を楽しむことに似ている。人と人との会話の中にある抑揚と感情が穏やかに流れ、心地よい時間を過ごすことができる。

ジャズバーは選ばなければいけない。

Blue Note、Birdland、Village Vanguardなど、世界中にその名を知られるジャズバーがニューヨークにはある。さも堅苦しいイメージがあるジャズバーだが、実際はお店次第というところ。ニューヨークには、形式ばらずに気軽に楽しめるジャズバーもいっぱいある。

出演するバンドは新しい発見を試みながら、自分にとって心地よい音楽を提供してくれるバンドを感じとらなければならない。

ひとくちにジャズバンドと言っても、その特徴はバンドによって大きく違う。ショーのように観客とのやりとりを楽しむバンドもいれば、ロックのように激しい演奏で客を沸かせるバンドもいる。また、バックグラウンドミュージックを聞いているような心の休まる音楽のバンドもある。

私は、女性ボーカルのいるジャズバンドが好きだ。優しい歌声がジャズのテンポとうまく溶け合うバンドは、聴いていてとても心地が良い。

ニューヨークでの滞在も残りわずか。今日はSmallsというジャズバーでニューヨークの夜を楽しみたい。今夜出演するバンドはどんなジャズを聴かせてくれるのだろうか。

← ひとつ前に戻る

27/50

次のページを読む →

為すに任せよ、行くに任せよ。

自由主義者のことば

最終更新日 : 2008-02-10サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.