出会いそして別れ編

イタリア、ローマ

道路の銅像

道路の銅像が動き出す。お金を入れると動き出す。お酒を飲みすぎ座り込み、眠っているけど動き出す。

道行く人は通り過ぎ、ふと気づいては振り返る。恐る恐ると近づいて、財布を取り出し小銭を落とす。

コインの音がその合図、銅像は命を吹き込まれ、酔った体を揺り起こし、ありがとうと手を揺らす。

大人はみんな大喜び、カメラを取り出し小銭も取り出す。道路の銅像大忙しで、酔った体を動かし続ける。

どうして彼は酔いつぶれてしまったのだろうか、彼は家に帰るのだろうか。 もっと近づいて触ってみたいけど、怒られたら嫌なのでやめておこう。

← ひとつ前に戻る

33/50

次のページを読む →

為すに任せよ、行くに任せよ。

自由主義者のことば

最終更新日 : 2008-02-10サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.