出会いそして別れ編

フランス、リヨン

食の街リヨン

ローマからのバスは、途中フィレンツェやミラノを通過して、まだ薄暗い明け方にリヨンのバスターミナルに着いた。ユーロラインズのバスは、映画もなく、窓から見える街灯を眺めながら過ごした夜はとても静かな夜。

マドリッドに向かうまでの間、経由地としてこの街を選んだのは、友達の友達が住んでいる為だ。太陽が昇るのをバスターミナルで待ち、連絡をしておいた友達の家に向かうことにした。

「こんにちは、はじめまして」はじめての出会いに少し緊張しながらも、気さくに話をすることができた彼女は、フランス人の旦那様を持つ日本人女性。久しぶりに思いっきり日本語が話せる環境でしばらく談笑した後、彼女の家に泊めさせていただくことになった。

フランスのリヨンは、食の街として有名な街、落ち着いた街並みに多くのお店が並ぶこの街は、ヨーロッパの良き文化が感じられる。

← ひとつ前に戻る

35/50

次のページを読む →

為すに任せよ、行くに任せよ。

自由主義者のことば

最終更新日 : 2008-02-10サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.