眠れぬ日々編

エジプト、カイロ

ビッグマックチキン

カイロのマクドナルドで売っているビッグマックチキンにはまっている。

これは、ビッグマックのチキン版で、チキンナゲットをハンバーグ状にしたものを挟み、それ以外は普通のビッグマックと同じ内容という商品だ。

これだけ聞くと、それほど美味しくなさそうなのだが、意外や意外。これが美味しいのだ。そりゃあもう、とっても美味しかったので、その美味しさについてお話させていただきたい。

まず、パンズとハンバーグの比率が良い。これはノーマルビッグマックにおいては、致命的な問題だ。ノーマルビッグマックは、この比率のアンバランスを埋めるために、ソースの味を濃くしなければならなかったという問題を未だ拭いきれていない。これはビッグマックの将来において、解決しなければならない極めて重要な問題だと私はにらんでいる。

そして、チキンという素材を使うことについて、エジプトという土地柄も考慮しなければならない。それは、宗教上の理由からチキンの消費率が高く、新鮮な材料が供給されているという事実だ。

しかし、他の国では作られていないハンバーガーを作るのは、技術的なノウハウが少ない為、出来の悪いものが出来てしまうのではないのだろうか。

この疑問をもとに、ビッグマックチキンの心臓部にあたるチキンマックナゲットについておさらいをしておこう。

チキンマックナゲットは、発売当初マックチキンナゲットという名前で発売されていた。発売開始は1984年、骨がなく一口大で食べやすいことで一気に人気商品の座に駆け上る。

このマックチキンナゲットの功績によって、日本マクドナルドが外食産業界においてその位置付けを不動のものにしたと言っても過言ではない。そしてその約半年後、名称がチキンマックナゲットに変更され今に至る。

バーベキューソースとマスタードソースがレギュラーソースだが、時々、気をてらったかのように、梅ソースやトロピカルカレーソースといった期間限定ソースを発表する。

ちなみに私はマスタードソースが好きだ。

つまり、このような長い歴史を持つチキンマックナゲットをベースにしたビッグマックチキンは、既に生産性や味の確立は、完成されているものと思ってよいだろう。

これがビッグマックチキンのうまさの秘訣だ。

希望としてはもう少しソースをマスタードのような味にしてもらいたいが…きっと儚い願いだろう。

← ひとつ前に戻る

4/13

次のページを読む →

耐は幸福の鍵

アラブの格言

最終更新日 : 2008-02-18サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.