眠れぬ日々編

エジプト、カイロ

シティースターズ

深夜まで映画を上映しているシティースターズの映画館で、オーシャンズ13を見ることにした。映画館で映画を見るのは久しぶりだ。

シティースターズとは、ナセルシティーにあるショッピングモール。カイロのダウンタウンからタクシーで約30分程のところにあり、日本の元安倍総理大臣も訪れたことのあるショッピングモールで、インターコンチネンタルホテルの横にある。

このショッピングモールは、ピラミッドの形をしている大型ショッピングモールで、マンゴやエスプリというような外国のブランドショップだけでなく、スーパーマーケットや映画館まである。

ヴァージンメガストアには、洋楽とアラブ音楽が並び、セガフレードには、コーヒーだけでなく、ノンアルコールカクテルやツナサラダなどの軽食まである。

いわゆるエジプトのイメージとは、違うこのショッピングモールだが、エジプト綿を売っているショップや、エジプトの民族衣装であるガラベーヤも売っているショップもある。エジプトらしい買い物も楽しめて面白い。

このショッピングモールで買い物を楽しんだ後、映画を楽しむことにした。

アラビア語で書かれた映画の紹介がスクリーンに映し出された後、いきなり映画は始まった。字幕はもちろんアラビア語。スクリーンから聞こえてくる音声のほかに、携帯電話の着信音や、赤ん坊の泣き声が聞こえてくる。そしてみんな大笑いしながら映画を見ている。こういう雰囲気で映画を見るのもなかなか楽しいものだ。

映画が中盤に差し掛かると、いきなり映像が途切れた。大勢の観客は立ち上がり、外へと出て行く。5分程すると、何事もなかったかの映画が再開する。どうやらフィルム変更だったらしい。外から観客がぞろぞろと戻ってくる。みんなポップコーンやジュースを持っている。

後半も同じ雰囲気で映画は進んだ。はらはらしながら展開を見守り、ついにはクライマックスを迎える。そして映画は無事終了。久しぶりに大笑いした気がする。エンディングロールが流れ始めると、観客は一斉に席を立ち出口へと向かう。当然出口は大混雑。しかし、みんな楽しそうだ。こんな一日もなかなか楽しい。

← ひとつ前に戻る

6/13

次のページを読む →

耐は幸福の鍵

アラブの格言

最終更新日 : 2008-02-18サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.