眠れぬ日々編

エジプト、カイロ

結婚式

ホテルの一室から大きな音楽が聞こえてくると、楽団とダンサー、そして新郎新婦がロビーに向かっていった。

カイロシェラトンのロビーでは、結婚式が行なわれている。

高い音を奏でるミズマールは、チャルメラのような笛で、オリエンタルな音楽の象徴。頬を膨らませながら笛を高く掲げて吹く様は、天使が吹くラッパのようだ。

撮影用のまぶしい光は、新郎と新婦を照らし、その周りを数人のタンバリン演奏者が囲んでいる。

酒杯をかたどったようなタブラを小脇に抱えて叩く。そのリズムにあわせて、金色の衣装をまとったベリーダンサーが踊る。

新郎と新婦も楽しそうに踊りながら、周りの人々からの祝福を受けていた。

← ひとつ前に戻る

9/13

次のページを読む →

耐は幸福の鍵

アラブの格言

最終更新日 : 2008-02-18サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.