歯医者に行く

ニューヨークで治療を受けた

ハッチはペルーにいるときに歯に違和感を覚えました。当初は標高が高いことを理由としていましたが、2007年5月、とうとう耐えきれなくなりニューヨークのマンハッタンで治療を受けました。

治療費は760USドル。

海外旅行保険では歯科医療は適用外…。あまりに悲しいので診断書だけはもらっておきました。

歯痛の原因は、過去に神経治療をした際に神経が完全に取りきれておらず、残った神経のカスが炎症を起こしたとのこと。えぇぇぇぇ~そんなのってあり?

悔しさを吐露させてもらいましたので本題に。

簡単な治療には語学力はさほど必要ないと思います。先生曰く「レントゲンを見ればわかるから」とのことでした。しかし、それも信頼できる歯科医の元での治療でこそ。

やむを得ず歯科治療を受ける場合には、医療レベルの高い場所で治療を受けること、現地の信頼できる人にお医者さんを紹介してもらうことが大切だと思います。

関連サイト
海外旅行節約研究所:ニューヨークの医療費と海外旅行保険の節約

アメリカ以外にも各国の医療費情報が得られます。
世界一治療費が高い場所で歯医者にかかっていたのか、私。

国民健康保険は歯科治療の対象

国民健康保険は、海外での歯科治療が対象となっています。お住まいの役所で確認くださいね。

もう1度上から読む「荷物を送る・受け取る」へ

雨は一人だけに降り注ぐわけではない。

ヘンリー・ロングフェロー

最終更新日 : 2008-06-10サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.