チリの宿

チリに行こうと思ったのは…

イースター島でモアイに会う!

イースター島はハワイと同じポリネシア文化圏。南米のラテン文化圏とは違う文化がここにはある。世界七不思議にも数えられるモアイで有名なこの島は、現地ではラパヌイと呼ばれている。

南米の優等生チリの本土にも興味津々。もちろん有名なチリワインもね。

ルート

サンティアゴ → ラパヌイ(イースター島) → サンティアゴ

耳より情報

イースター島の“今”を知ることができる充実した内容のブログを紹介します。

洗練された気取らない宿
Chilli Hostel|チリホステル
Triana 863, Providancia, Santiago, Chile
www.chillihostel.cl
宿泊日 2006-12-25~29, 2007-01-09~12
部屋 4号室
タイプ ダブル
水回り 専用…トイレ、バスタブ
料金 23,000Ch$(4,600円)/部屋

南米大陸に初上陸。ワクワクと同じくらい治安も心配。初めての国に飛行機で入る時は、ゲストハウスの空港送迎サービスを予約しておくのが私たちのパターン。HOSTELWORLD.COMでサンティアゴ旧市街以外のレイティングが高い宿を選びました。
これが想像以上の大当たり。

宿と部屋を語る。

清潔感 ばっちり
土地らしさ 1937年の建物を2006年に改装
こじんまり 気さくなムード
Wi-Fi接続 無料
バスタブ バスルームが丸ごと素晴らしい
お値打ち 実はちょっと予算オーバー。しかし、この質ならリーズナブル。
室内

ロマンティックな室内

外観

ファサード

周辺

周辺は住宅街

町外れの、海とモアイが見える宿。
Tekarera|テカレラ
Rapa Nui, Chile
宿泊日 2006-12-29~2007-01-06
部屋 3号室
タイプ ツイン
設備 専用…トイレ、バスタブ
共用…キッチン
料金 15,000Ch$(3,000円)/部屋

ラパヌイに到着すると、空港には宿の客引きが待っている。強引な客引きにはあまり関わらず物静かな女性と交渉して決めたのがこの宿。

モアイ博物館目の前。広ーい庭から海とモアイが見える。虫対策は、ドアにガムテープで細工をすれば問題なし。良い年末年始が過ごせた。

宿と部屋を語る。

こじんまり お客さん来るのかな。住人有り。
バスタブ お湯の状況は不安定だが
お値打ち キッチンも貸し切りだったし
室内

室内

外観

外観

周辺

犬と子どもと、たまに馬が走る庭

お手入れ熱心なご主人のいる宿
Inaki-Uhi|イナキウヒ
Rapa Nui,Chile
宿泊日 2007-01-06~09
タイプ トリプル
水回り 専用…トイレ、バスタブ
共用…キッチン
料金 15,000Ch$(3,000円)/ひとり

ちょっと便利に過ごす為、移動してきた快適な宿。ちょっとお高いのだけれど、滞在日が少ないなら何かと便利。レンタカー屋に食堂、スーパーなどがこの周辺に集まっている。アンデスニッポンツーリストも目の前。

お金のこと…サンティアゴで現金を用意していったほうが無難。村のATMで使えるカードはMasterCardだけでした。

宿と部屋を語る。

清潔感 いつも何かを修繕しているご主人。かわいがられているのね。
こじんまり 居心地良し
バスタブ あります
室内

広いお部屋は快適

外観

この看板が目印

周辺

中心…といっても小さい

もう1度上から読む「アルゼンチン」へ

世界は一冊の本だ。旅をしないものはその本を一頁しか読めないだろう。

アウグスティヌス

最終更新日 : 2008-03-03サイトマップ連絡先 | © 2006 Travel Around the World in 18 Months.